Deep state(国家内国家)は日本でもあるのか? :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年05月12日00時00分00秒]
Deep state(国家内国家)は日本でもあるのか?

ネットで買い物するならcolleee
(ライターFT)

Deep state(国家内国家)は日本でもあるのか?


国家の内部における国家(こっかのないぶにおけるこっか、state within a state、ラテン語: imperium in imperio, status in statu)とは、一国における内部の機関・組織が政治的リーダーシップ(文民統制)に応じない(応えない・従わない)、という政治的な状態を指す。

🌟国家の内部における国家 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 アメリカのトランプ政権の裏に潜む「闇の政府」が本当に存在するのか、陰謀論とも取れるが、アメリカメディアではこのDeep state(国家内国家)議論はすでに日常的に使われ出しているらしい。

 これはあくまでもトランプ支持層がいっているらしいですが、これを言い出したのはトランプ擁護のメディア、FOXニュースが「ディープ・ステート」報道をしているとか。

 まずは動画を観てみましょう。



元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。著書に、『いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力』『国難の正体』(以上、総和社)、『「反日中韓を操るのはじつは同盟国・アメリカだった! 』、『そうか、だから日本は世界で尊敬されているのか! 』(ワック)などがある。



 馬渕睦夫氏は元全権大使(キューバ、ウクライナ等で勤務)として働いていた人で、日本文化チャンネル桜- 月曜日のコメンテーターとして出演している人です。



 こんな著書も書いています。

 簡単に云いますと、陰謀論は実在しているということを訴えている人になります。

 世界はグローバリズムとナショナリズムの対立という構図ができており、グローバル化がユダヤ思想と繋がっていると考えている人です。「金融」と「司法」と「メディア」を操ることで、国を意のままに操る勢力、それがディープステートだと云っている。



 トランプはこうしたグローバル勢力に反対という立場をとっている。

 日本はグローバル化を推進しているようにも思うが、それは日本に深く入り込んでいるディープステート勢力により、目指しているという考え方になる。

 グローバルという言葉の裏にいるのはユダヤ資本だという陰謀論に結びつくが、陰謀論という言葉より、ディープステートという訳の分からない日本語英語で言った方が、読者には伝わるのかも知れない。「グローバリズム」で市場を開放させ、金融で世界を支配しようとするユダヤ系銀行家と、国家や民族や文化を守ろうという「ナショナリズム」のプーチン、プーチン=悪という情報操作により、我々は洗脳されているのではないのか、そう疑ってしまいたくなる。

ナショナリズム(英: nationalism)とは、国家という統一、独立した共同体を一般的には自己の所属する民族のもと形成する政治思想や運動を指す用語。日本語では内容や解釈により国家主義、国民主義、国粋主義、民族主義などとも訳されている。

🌟ナショナリズム 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 どうしてもロシア、プーチン大統領が信用できない多くの日本人は洗脳されているのだろうか。



 元KGBの工作員であり、独裁者であり、言論の弾圧や人権の侵害でも、よく批判される。

 ウクライナ問題の真相は一体どっちなのだろう。

 プーチンに言わせれば「ウクライナで起きたのは、アメリカに支援されたクーデターだ」となる。

 ウクライナ問題についてはアメリカもロシアも腹黒い想いが透けて見えるようにも思える。

 日本でもディープステートは存在すると言っている国会議員も出てきだした。

 元々はトランプ支持の保守派が好んで使用した言葉では無いのか?

 馬渕睦夫氏の書籍に書かれていることは非常に興味深い、ディープステートが本当であれば、こうした闇の組織は潰さないとならないのではないのか?

 ロスチャイルドが通貨発行権を握っているのはなぜか。

 明治維新を考えてみると、ロスチャイルドの影響はグラバーという人物により、少なからずあったのではないかと考えてしまう。まずは内戦を起こして両方の陣営にお金を貸し関係者にパイプを作り、その中心部に入る。まさにディープステートそのものではないか。


「Q」の動画は日本語の字幕が出ます。字幕が出ない場合は字幕のボタン(アイコン)を押すと表示されます。

 皆さんはディープステートについてどう考えますか?

 我々は受け身なだけで良いのでしょうか。

 そろそろ真実を理解し、どうするかは自分で判断しないとならない時期に来ているのかも知れないですね。

 






☆。・*・。.★☆。・*・。.★
あなたの生活をちょっとお得にするcolleee(コリー)

いつものお買い物でお得!外食や旅行蘭でお得!
毎日できるアンケート回答やゲーム参加でもポイントが貯まる♪
貯まったポイントは現金や各種ギフトコードなどにいつでも交換が可煤I
colleee簡単無料登録はコチラから
☆。・*・。.★☆。・*・。.★

皆川デザインBlog










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー