ディズニーシーのTurtle Talkクラッシュを一度は体験したい(笑 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2013年07月13日00時00分00秒]
ディズニーシーのTurtle Talkクラッシュを一度は体験したい(笑

 ディズニーシーのTurtle Talkクラッシュ、先日放送されたすべらない話のJrの話、とても面白かったですね。
 
(ライターFT)

ディズニーシーのTurtle Talkクラッシュを一度は体験したい(笑


 よく言われるのはUSJとディズニーランドでは比較にならないと言われています。とにかくディズニーランドは全てが夢の世界の演出、USJとは比べられない、ディズニーランドが大好きという人が多くいます。

 ディズニーランドなんていう人も一度行けば必ず嵌ってしまうといいます。



 とても興味深いお話でとても魅力的です。

 では一体、Turtle Talkクラッシュとはどんなアトラクションなんでしょうか?



 もう、動画に見入ってしまいますね(笑

タートル・トーク(Turtle Talk with Crush)はCGで再現された、映画『ファインディング・ニモ』に登場する海ガメのキャラクタークラッシュとゲストが会話をしながら楽しむ参加型ショーのアトラクション。

アトラクション内は正面に巨大なスクリーンが設置されている。スクリーンは、海と客席とを隔てるガラス窓という設定であり、スクリーンにはCGでどこまでも広がる海とクラッシュ用のマイク(東京ディズニーシー版では、このマイクのことをハイドロフォンと呼んでいる)が再現されている。


ショーは、司会進行役のキャストとクラッシュによって進められる。クラッシュの声は、ゲストからは見えない位置にいる声役のキャストによって発せられ、その声に合わせてCGのクラッシュが動くようになっている。CGは映画版と同等のクオリティで構成されている上、声の発音に合わせてコンピューターが声を認識、かつ瞬時に適切な口の動きをするようになっており、ゲストは実際にクラッシュと会話をしているような体験をすることができる。アトラクション内では、前方エリアの床に主に子供のゲストが、後方の映画館の座席のようなエリアに大人のゲストが座るようになっており(東京ディズニーシー版の前方エリアは小さめのベンチになっている)、前方エリアにいる子供のゲストがクラッシュに質問したり、クラッシュの質問に答えたりすることができる(東京ディズニーシーでは、クラッシュが後方エリアのゲストも指名する)。子供に対する質問などは司会役のキャストが誘導する。クラッシュ役のキャストはゲスト全体が見渡せる位置におり(もしくは遠隔で見えるようになっており)、質問をするゲストの身振り手振りや服装などについても言及することがある。

青い魚のキャラクター「ドリー」が通りかかり、話しかけてくることもある。

このような内容のアトラクションであるため、ショーの内容は毎回異なり、ショーが面白いか否かは、クラッシュの声を担当するキャストの話術と司会役のキャストの進行の技量によるところが大きい。


 ウィキぺディアより抜粋

 ウィキぺディアによると「司会役のキャストの進行の技量によるところが大きい。」とある。

 司会進行役の技量、本当に素晴らしい。

 素敵なアトラクションですね。
  









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー