デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年05月27日00時00分00秒]
是枝監督ってどんな映画を撮る人?



(ライターFT)

是枝監督ってどんな映画を撮る人?


パルムドール是枝監督がい旋帰国「実感沸いてきた」

 映画「万引き家族」でカンヌ映画祭パルム・ドール賞を受賞する快挙。

スペシャルインタビュー 是枝裕和 

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月23日00時00分00秒]
永遠のフレディ・マーキュリー



(ライターFT)

永遠のフレディ・マーキュリー


 QUEENといえばフレディ・マーキュリー、フレディ・といえばQUEENですね。

 そしてフレディの伝記映画が2018年11月に公開される模様です。

 原題は「ボヘミアン・ラプソディ」というタイトルがついていますが、これもまさにフレディ、QUEENを代表する時代を超えた名曲ですね。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月10日00時00分00秒]
猿の惑星 シリーズ3




(ライターFT)

猿の惑星 シリーズ3


 2017年に猿の惑星3部作として公開された「猿の惑星 聖戦記」ですが、かなりお勧めです。

 猿同士の反乱を描いた「猿の惑星 新世紀」から2年後のお話になります。


全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月09日00時00分00秒]
猿の惑星 シリーズ2

(ライターFT)

猿の惑星 シリーズ2




 猿の惑星 創世記(ジェネシス)ですが、2011年に公開されたリブート作品になります。 

 これは完全に、オリジナル作品に続く作りになっているのが面白いです。地球がなぜ、猿に支配されてしまったのかという原因が判明します。

 オリジナルでも5作目の「最後の猿の惑星」で、猿が地球を支配した原因として核が使用されたことを理由にあげていましたが、これはこれで、うまく話が繋がるのではないかと思います。オリジナルの猿の惑星は西暦2673年という遠い未来のお話ですが、猿の惑星 創世記(ジェネシス)は現代を物語の時代に設定しています。猿の惑星 創世記(ジェネシス)は完全に、オリジナル猿の惑星に続くリブート作品という立ち位置になります。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月08日00時00分00秒]
猿の惑星 シリーズ



(ライターFT)

猿の惑星 シリーズ


 映画「猿の惑星」は非常に面白い。この映画には様々な要素が詰め込まれています。エンタメ作品としてはまさにヒットするだけの要素が全て入っているSF映画と言えます。

 1963年にこの物語はフランス人作家により作られました。

 ピエール・プールという人気作家です。彼は「戦場にかける橋」などの作品を作り出しています。「戦場にかける橋」は彼が戦時中、日本軍に捉えられ、捕虜として収容所での生活を余儀なくされます。しかし彼は収容所を脱獄した人物でもあります。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2017年12月26日00時00分00秒]
DVD 、Blu-ray映画鑑賞 かなり重めの衝撃作 怒り

映画『怒り』公式サイト



(ライターFT)

DVD 、Blu-ray映画鑑賞 かなり重めの衝撃作 怒り


 久々の邦画の習作に出会いました。

 3つのストーリーがある事件をきっかけに繰り広げられていく物語です。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2017年12月16日00時00分00秒]
考えさせられる日々の事、映画を観て想う

泣くだけでこんなにたくさんいいことがある!

 今日は2度と観たくない映画のお話です。

(ライターFT)

2度と見たくないいい意味での映画のお話


 まだまだ子どもが小さいので、映画館には独身時代のように観に行けていません。もっぱらレンタルブルーレイで観賞しています。

 最近観たブルーレイの中で、とてもいい映画だったのだけど2度と観たくない映画が何本かあります。中でも「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」この映画は最近観た映画の中でとても秀作でした。

全部読む!!

先週>>
<<次週
メニュー