猿の惑星 シリーズ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年05月08日00時00分00秒]
猿の惑星 シリーズ



(ライターFT)

猿の惑星 シリーズ


 映画「猿の惑星」は非常に面白い。この映画には様々な要素が詰め込まれています。エンタメ作品としてはまさにヒットするだけの要素が全て入っているSF映画と言えます。

 1963年にこの物語はフランス人作家により作られました。

 ピエール・プールという人気作家です。彼は「戦場にかける橋」などの作品を作り出しています。「戦場にかける橋」は彼が戦時中、日本軍に捉えられ、捕虜として収容所での生活を余儀なくされます。しかし彼は収容所を脱獄した人物でもあります。

 全くの個人的見解ですが、「猿の惑星」は日本人批判が根底にあるのかも知れないです。もちろん猿が日本人と仮定してのことです。

 当時の批評家たちは、この映画のテーマを”人種”と考えています。

 当時、脅威だった黄色い猿と揶揄された日本人をメインに、欧米人達は、頭の良い黄色い猿達に、底知れぬ恐怖感を持っていたのではないのでしょうか。

 映画「猿の惑星」は、世界的な大ヒットになります。

 1970年代、日本でも大ヒットし、ブームは長く続きます。



 ヒットの大きな要素としては、当時人気だった役者が主演するという要素も大きかったと思います。チャールトン・ヘストンという大俳優がメインキャストとして抜擢され、リンダ・ハリソンというスタイル抜群のヒロインが選ばれます。



 リンダ・ハリソンは猿の惑星では、声が出ないという設定で、その生活も完全に原始的な生活をしています。でもスタイル抜群で、非常にSEXYです。ダイエットなどのカロリー制限をしないと、あのような美しい身体にはならないのでは?なんて思ってしまいますが、当時小学生だった私は、子供ながらに興奮しながら観ていました(笑



 日本で最初の猿の惑星が公開され、当時、度肝を抜かされたのがメイク技術でした。

 本物のサルではないかと当時、小学生低学年だった私は思いました。



 とにかく同級生の足立くんそっくりだったのです。

 そして猿側にもジーラというヒロインが存在します。



 最初の「猿の惑星」では、もちろん人間が着ぐるみと特殊メイクで進化した猿を演じるのですが、1968年、今から50年前の技術としては最高峰の技術だったと思います。とにかく笑ったり、起こったりと表情が豊かなのです。目も役者の本当の目で、とにかく凄いと思いました。

 つづく



 吹き替えの解釈がかなり面白いです。





【SKINからのお知らせ】

初めてのスノーボード グッズやゲレンデ選び まとめ

ロバート秋山と皆川デザイン

先週>>
<<次週
メニュー