スノーボーディング まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年03月07日00時00分00秒]
スノーボーディング まとめ

ホームページ制作やリニューアルは皆川デザインまで



(ライターFT)

平昌オリンピック スノーボード解説 中井孝治のライディング




 競技ではないスノーボードライディングを追求しているアスリート、オリンピック選手としての彼の考え方は非常に参考になります。彼はスノーボードライディングを完成させるためにライディングと物作りに携わっています。動画では競技ではない彼の自由でスタイリッシュなライディングが披露されています。



 高校3年生の時にソルトレイクオリンピック、ハーフパイプに出場。すでにスノーボードを始めて20年以上の2018年現在、彼のライディングの特徴はとにかく高さ。




(ライターFT)

スプリングシーズンスノーボードの楽しみ方




 スノーボードは5月の連休くらいまで楽しめます。デイリーSKINは関西発になりますが、遠くても長野や新潟までスノーボードトリップしたいと考えています。特に春は、雪質が湿雪になりますので、トップシーズンのような滑り方とは異なり、雪が緩いので、コケてもさほど痛くありません。



 そして関西でもパークが充実しているゲレンデがあります。

 関西から3時間圏内でいける福井県のスキージャム勝山です。



 


 ソルトレイクの成績は日本人最高の5位という快挙。

 サロモンなどのスノーボードブランドの開発にも携わり、生活の一部になったスノーボードライフを送る日本のトッププロです。

プロスノーボーダー:中井孝治公式サイト

 彼の解説は素人からでも解りやすかったのではと思います。スノーボードで大切なのはスタイル。そのスタイルをどう評価するのかなど、彼の解説は的を得た解説だったのではないでしょうか。

 フロントサイドスピンでトゥサイドから入る難しさや、スタイルの入れ方など、スノーボード界では当たり前の素人には解りにくい部分を解りやすく解説してくれていました。余計なことは言わない解説だったと思います。

 彼のスノーボードライフに注目したいですね。








【SKINからのお知らせ】

初めてのスノーボード グッズやゲレンデ選び まとめ

ロバート秋山と皆川デザイン

先週>>
<<次週
メニュー