NHKの受信料を払おう!テレビを捨てるしかないのか? :: デイリーSKIN

[2017年12月10日00時00分00秒]
NHKの受信料を払おう!テレビを捨てるしかないのか?

NHK受信料“合憲”未払いの人に影響は?




(ライターFT)

NHKの受信料を払おう!テレビを捨てるしかないのか?


 NHKの受信契約について、最高裁で合憲という判決がでた。



 契約を拒む人から受信料を徴収する為には、今後も個別に裁判を起こさなければならないという判決がでた。しかもいつまで溯り、受信料の徴収になるかというと、「テレビを設置時点んまで遡り支払義務が生じる」としている。



 この法律、50年前の法律となる。放送法という法律で、「受信設備を設置したらNHKと契約しなければならない」と定められた法律になる。50年も前の法律が未だに適用されている。要するにケーブルテレビのようにスクランブル放送をすれば良いだけの話なのだけど、それをせずに50年前の法律を現在も適用する等の判決についてはいかがなものなのかと思ってしまう。



「NHKはスクランブル放送にすべき」投書に賛同の声 できない理由は

 まずNHKは「公共放送」であり、「特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や、豊かな文化を育む多様な番組を、いつでも、どこでも、誰にでも分けへだてなく提供する役割」を担っているとする。災害時には迅速に正確な情報を提供するほか、教育、福祉、古典芸能といった「視聴率だけでは計ることの出来ない番組」も数多く放送している。

 上記サイトではこのような言い訳をしていると言うことになります。

 「公共放送」なら国が予算を取り無料にすべきではないのか?

 国民から受信料を徴収すると言う考えが、現代において筋が全く通っていない。

 NHK側の言い分として、はあまりにも国民を納得させるだけの理由になっていない。

 国民の多くが腹を立てているのではないだろうか。

 皆様、テレビをNHKの前に捨てに行きましょう(笑

 そうすれば、受信料を払う必要も無くなります。みていない番組のお金を払う程、無駄使いはしたくないものです。

 テレビが家に無ければ、こうした争いもしなくても済みますね。幸いうちにはネットとラジオしかないので、受信料を払う事もないので、裁判などに発展する可能性もないですが、テレビのあるうちは残念ですが、支払わないと裁判を起こされると負けますね。

 NHKの集金がきたら、絶対に家に上げない事、何故か家に入れろと無茶苦茶なことを言ってくるので、皆様注意して下さい。もしそんなことを言われたら、すぐに警察に通報して下さい。



 「NHKと名乗り、家に上げろと脅迫しています」

 警察にはそう伝えて下さい。

 もし家に上がられた場合、言い逃れができないので気を付けて下さい。
 
 但し、アンテナにつながっていない場合、受信設備を設置していませんので契約は必要ないはずです。
 
 知らない人は家に上げない、これぞ防犯の基本ですね。





【SKINからのお知らせ】

脳梗塞になっちまった!まとめ

自民圧勝し2018年以降にに起こることを予測してみよう!まとめ

メニュー