HOME > デイリーSKIN
特集
写真のような絵をみてみよう まとめ


240時間かけて鉛筆だけで描いたボルト 写真のようにリアルだと話題





(ライターFT)

写真のような絵をみてみよう!

 


 とにかくすごいとしか言いようがないですね。この画家さんはアリッサ・モンクス、彼女の描く絵は他の画家とは異なり、まるで躍動感のある写真のよう。水と人をモチーフに絵を描いていたらしいのですが、2011年にアリッサの母が肺がんになります。母の介護をするのですが、翌年に母が他界したことをきっかけに彼女の作風に変化があります。現在の彼女の作風はさらに進化しています。



 こんな感じになっています。

 彼女の特徴は水を描くことなのですが、彼女に変化がある前の作風で、この作品がとても優しさを感じていい。



 そしてこの絵も素敵ですね。



 素敵な絵ですね。

まるで写真のよう!ロバート・ブルームが描いた江戸の匂い色濃く残る明治初期の日本




(ライターFT)

写真のような絵をみてみよう!ロバート・フレデリック・ブルーム

 
 ロバート・フレデリック・ブルームというアメリカの画家がいたのですが、彼の描く作品もリアルな写真のような作風です。1903年に45歳という若さで亡くなっているのですが、日本の江戸時代をスタイリッシュに描いた作品が素晴らしい。明治時代の日本で2年程暮らしており当時の日本の風景を見事に写真のように描いた画家です。



 当時の風情をリアルに感じられる作品というだけでなく、彼が日本をどう見ていたのかが良くわかる作風ですね。
 


 写真というよりは絵に近い感じもしますが、当時の感覚でいうとリアルな日常そのものではないでしょうか?当時の写真から比べると完全にこの絵の方が写真に近い。それだけでなく芸術的な価値も十分にありますね。



 当時はセピア写真に画家が色をつけていたのが主流だったようですが、彼の絵はそれらを完全に超えた絵であることは間違いありませんね。

 最近では写真のような絵画が多く作られています。ロバート・フレデリック・ブルームは写実の先駆け的な画家としたら、現代アートではさらに進化したアーティストたちが沢山出て来ています。

Zaria Forman: Drawings that show the beauty and fragility of Earth ...

 彼女が訴えたいことは地球の気候変動です。

 彼女は「流氷」をモチーフにまるで写真のような作品を生み出しています。



 それでいてアートな作風は必見です。



 まさに究極の写実絵画ではないでしょうか。

 ゼリア・フォーマンの作品は作品の中に込められたメッセージが非常に分かりやすい。彼女は地球の気候変動というメッセージを見るものによって、それが警鐘なのか幻想なのかを訴えているように感じます。根底にあるものは儚さのようなものを感じるのは多くの人が思うことなのかも知れません。

 面白いですね。





【SKINからのお知らせ】

最近、未来人たちがネットをざわつかせているが・・・まとめ

スノーボード日本代表を追え!美しきアスリート達


デイリーSKINのトップ

INDEX

スカルマニア必見!花とドクロ柄にグリッターラメを使用したサイド変形切りっ放しTシャツワンピース
T-SHIRTS
おもしろTシャツなら!アートファクトリーオリジナルのアホでなにが悪いんや!Tシャツ
T-SHIRTS
サイド編み上げデザイン!ローズスカルプリントタトゥデザイン!レディースロングスリーブTシャツ!
T-SHIRTS
伝説グランジスターが着ていた!grunge is dead  カートコバーンシグネチャーロングスリーブTシャツ
T-SHIRTS


一覧

街のええショップ




[PR]SKINのおすすめ

ステッカー工房・FOUR HEARTS

ペットショップ ラ・ピスト

あらすじ.com