第三次世界大戦の可能性 :: デイリーSKIN

[2017年09月07日00時00分00秒]
第三次世界大戦の可能性

「クリスマスまでに...」トランプが安倍首相に告げた北朝鮮危機の限界点




(ライターFT)

第三次世界大戦の可能性


 第三次世界大戦は北朝鮮から始まる可能性がある。北朝鮮の指導者である金正恩があれだけ強硬なミサイル実験や核実験を行うのには、瀬戸際外交でアメリカに要求をのませる為だと専門家は分析しているが、要求をのませたところで、核実験もミサイル実験も止めないというスタンスではアメリカも納得できないはずだろう。



 ポイントはこの人だろう。

 世界の覇権を狙っているのはロシアのプーチン大統領だ。すでにプーチン大統領は北朝鮮国境にロシア軍を大量に移動し始めている。

プーチン大統領は、第三次世界大戦を予期して、北朝鮮国境に向かって軍隊を大量に動員し始めた。

 非常に真実味を帯びてきた第三次世界大戦。



 北朝鮮という国がこれほど強硬な態度に出る理由として、ロシアとの関係にある。

 ロシアは北を起爆剤に考えているのではないか。プーチンは何を考えているかが分からない、不気味な存在、恐怖さえ感じる。ロシアにとってアメリカは最大の敵、これはソ連時代から変わらない。ましてやプーチン大統領はソ連時代、KGBという組織に属したエリートだった。

 アメリカがNATOという軍事同盟を作り上げ、アメリカが有利に働く関係を各国と条約を結んだ。そしてこれに対抗するようにワルシャワ条約機構を作ったロシア側。

 ゴルバチョフの登場で東西ドイツの分断はなくなり、世界に平和が訪れたようにも感じたが、対立が無くなった訳ではない。







【SKINからのお知らせ】

初めてのスノーボード グッズやゲレンデ選び まとめ

ロバート秋山と皆川デザイン

メニュー