日本初のビジュアルミュージシャン!沢田研二の功績は凄い! :: デイリーSKIN

[2017年07月23日00時00分00秒]
日本初のビジュアルミュージシャン!沢田研二の功績は凄い!

マツコ 沢田研二「逆にカッコイイ」 ネット上では変貌ぶりに驚きの声も


 
(ライターFT)

日本初のビジュアルミュージシャン!沢田研二の功績は凄い!


 沢田研二というスターをご存知の若い人は少ないかも知れない。とにかくSEXYでカッコいいの代名詞のような大スターだった。愛称はジュリーと呼ばれ、名曲も多数あった。でもある時期を境に、テレビから姿を消してしまう。

 1960年のグループサウンズ全盛期にザ•タイガースのリードボーカルとしてグループサウンズ全体を引率する程の人気だったようです。私はさすがにグループサウンズ時代のジュリーはVTRでしか観た事ありませんが。すでに物心ついた時にはソロアーティストとして凄い人気だった事を覚えています。



 当時はこんなにSEXYでした。



 元祖HGスタイルもジュリーが最初(笑


    ザ•タイガース時代

 1970年代、ジュリーはすでに化粧をしてステージに立っていた。当初はライヴだけの演出だったらしいが、しかし1975年以降、テレビでもメイクしたスタイルでテレビにも出始めた。日本で始めてのビジュアルアーティストの誕生と言える。



 そのジュリーこと沢田研二が激太りしているということで、にわかに世間がざわついている。



 ウィキペディアによると、1985年頃にジュリーは独立している。この頃に離婚、再婚をした時期でもあり、音楽活動も新しいスタイルに変化していく。

Popular Videos - CO-CoLO Youtube

 曲のクオリティの高さは上の動画で確認して貰えればよく分かると思います。

 この頃よりアーティストとして自分がこだわった音楽活動を始めています。 





【SKINからのお知らせ】

初めてのスノーボード グッズやゲレンデ選び まとめ

ロバート秋山と皆川デザイン

メニュー