ポスターや広告の本質 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2017年04月13日00時00分00秒]
ポスターや広告の本質

警視庁の万引き防止ポスターに異色のヒーロー! 勤務時間外の悪にはスルー



(ライターFT)

ポスターや広告の本質< /span>




 これはとても異色作ではないでしょうか。ターミネーターの新作と人形浄瑠璃の「文楽」がコラボ、人形浄瑠璃という日本の古典芸術とターミネーターという現代のムービーアート、とてもいいですね。

『ターミネーター』と人形浄瑠璃「文楽」がタッグ!異色のコラボポスター完成!

 国立文楽劇場が企画したモノになりますが、ターミネーターを起用するというのは斬新ではないでしょうか。



 こちらはワンダーブラのポスターですがとても斬新で女性の胸を連想させてくれます。しかもオレンジを使用しているので、健康的に感じますね。極力文字を小さく抑えているのもいいですね。



 ええ匂いなんでしょうね。



 これは非常に分かりやすくてスタイリッシュ。飲酒運転するとこうなるよってのですが、これがジャックダニエルで鬼殺しでない所がいいですね。



 広告には多くの人に伝えたいということが前提にあります。世の中には沢山の数の広告やポスターがあります。沢山あるから作っても同じではなく、いかに多くの人に気付いてもらえるかと考えながら作る広告やポスターは、私達の気に触ってくれる。そんな気がしています。  





【SKINからのお知らせ】

初めてのスノーボード グッズやゲレンデ選び まとめ

ロバート秋山と皆川デザイン

先週>>
<<次週
メニュー