【Deep関西 西成釜ヶ崎編】 :: デイリーSKIN

[2008年05月06日00時00分00秒]
【Deep関西 西成釜ヶ崎編】

 
素材にこだわったリーズナブルな居酒屋!大阪堀江、なにわ友あれ



 関西に住んでいても中々足を踏み入れない場所や、知っていても行った事がなかったり、Deepな人の溜まる場所であったりと様々なDeepな関西を紹介するDeep関西!

 第1回目は、日本で唯一暴動の起こる、最も日本でデンジャラスな地域のご紹介です。

                   釜ヶ崎と呼ばれる地域!

 

                 本当にデンジャラスな1日だった!
 
 大阪市内、ほぼ中央に位置する地域、『西成区』の一角にある『あいりん労働者センター』通称『センター』と呼ばれる福祉施設がある。

               

 ここは建設作業に従事する日雇い労働者たちが集まる場所だ。朝、ここで建設会社の人々が集まり、センターに集まってきた日雇い労働者たちをその日の仕事にスカウトする場所なのだ。

 オレが行ったのは昼をとうに過ぎていたので建設会社の人はおらず、その日の仕事にあぶれた労働者達が『あぶれ手当て』を貰う為に列をなして並んでいる最中だった。

 仕事にあぶれた人がもらえる福祉手当なんだけれど、一体いくら貰えるのか全く知らない。通称『あぶれ手当て』と呼ばれるものだ。



                

 こんな感じで沢山の労働者たちが並んでいる。
実はオレも若い頃、仕事がなくて朝センターに並んだ経験がある。朝5時半にセンターに行くと、とても上品には見えないオジ様に『ニーちゃん、決まってるんか?』と声をかけられる。

 最初はなんの事か分からなかったのだけれど、要するに仕事が決まったのか決まっていないかを聞いているのである。そこでまだ、決まって無ければ決まって無いと答えるとまず、ご飯9、おかず1の弁当が手渡される。次にセンターに横付けした汚いライトバンに乗せられ、大阪府下、もしくは近畿圏の建設作業現場に連れて行かれる。

 ライトバンにはすでに数人の労働者たちが乗っている。中には、ご飯9、おかず1の弁当をすでに喰い散らかし、ライトバンから立ち去るツワモノもいる。弁当だけが目当てで車に乗り込み、弁当のみを食い逃げするという奴だ。

 ライトバンに戻ってきた手配師の上品とは言えないオジ様は人数が足りないのを知るや否や、


     『やられたぁ〜、弁当食い逃げされた!お前なんで止めへんねや!』


 と、オレや他の労働者に怒鳴りちゃかすのだ。

 全くもって理不尽な話だ。

 ここは釜ヶ崎と呼ばれる地区、大阪の地図にはそんな地名は載っていない。通称でそう呼ばれている。日本で唯一、暴動が起きる地域なのだ。正式名称は大阪市西成区萩之茶屋と言うのだ。

 

            


 土地のパワーというのを友達に聞いた事がある。その土地に宿る目に見えないパワーがあるという話だ。ここ釜ヶ崎はまさに”負”のパワーが宿る土地だ。そして”負”のパワーだけでは無い、カッコイイ言い方をすれば”生”のパワーも感じる土地だ。ここに集う人々の表情は人生の底を見たり経験した人だけが持つ表情をしている。

 アキラメ

 挫折

 生への執着、

 まさに人生の縮図を見ているようだ。

 話をセンターに戻す。


                


 画像はセンター内部の画像。
あぶれ手当てを貰えなかった労働者たちはセンター内でたむろしている。匂いはかなりアグレッシブな匂いが漂う。動物園の匂いに近い。早速、デジカメを構え、数枚写真を撮ろうとしたその時、

          『誰に断って写真撮ってんじゃい!おうっ!』

 と、後ろから声がかかった。

 振り向くとワンカップを片手にしたフラフラのプロの酔っ払いがオレに向かってつぶやいた。




               『さんびゃくえ〜〜〜ん、でええよ』



 オレはプロの酔っ払いを完全に無視し、アホらしいので早々にセンターを出た。

 

     センター内部にはこんなイカシタスペースも!

 
 センターを出たオレは、日雇い労働者がよく利用するホテル、通称「簡宿」と呼ばれるホテルの看板に注目!


※ものすげー安いけど絶対に泊まってはいけません。

 センター周辺にはこんな価格で一泊¥1300から宿泊出来るのだ。しかし、観光客は絶対に泊まってはいけない宿なのだ。くれぐれも宿泊しないように!

 このリンクを参照してね!
 http://blue.ribbon.to/~totonao/bidan/nisinari1.html
 身の危険だけでなく”赤痢”とかにも注意しなければいけない。

 言っておくが、ここは大阪市内の中心部なのだ。決して東南アジアではない。



 

センター横手、あぶれ手当ての順番待ちの模様





               
 センター横手の南海本線の高架下の酒屋だが、全部自動販売機だ。少し見ていたけどひっきりなしに人が出入りしている。





 センター横手にこんなテントで作られた”青空市場”なるものがある。あくまでもウワサなのだけれど、この”青空市場”では何でも売っている。

 片方だけのサンダル、中古の電動工具、自転車や自転車のサドルのみ、あくまでもウワサだけれどこの”青空市場”は通称”泥棒市”と呼ばれている。

 お昼を過ぎていたので”青空市場”は閉店していたのだけど、ここでもデジカメを構え撮影していると、店主と思われる人が血相を変えてオレに飛び掛ってきた。オレは内心、キターと思った。

 店主をヒョイとかわし、道路に倒れこむ店主、その店主は道路に倒れこみながらオレに



               『何を勝手にとってるんじゃ〜〜〜〜〜〜い』



 とかなりご立腹の様子、オレはこれ以上付きまとわれてもマズイと思い、店主を抱きお越した瞬間に店主の足を払い、怪我をしないようにもう一度道路にねじ伏せた。それから優しく店主に言った。


       『あんたの許可がいるのか勝手に撮ってもええのかどっちや?』

 店主は『か、勝手に撮りさらせやぃ!』と言うので優しく放してあげた。

 本当にデンジャラスゾーンだ。



 

しかし地元の中学生は仲良く下校しているのも事実!




 少し歩くと皮膚科、性病科の言診療所を発見!

 貼り紙を見ると

 『お酒を飲んでいる人は診療をお断りする事があります』
との貼り紙!やはりここは日本唯一の地区!素晴らしい!




※西成名物、モーニングセット!

 朝の11時までに入ると、マグロのお造りと湯豆腐と生ビール、酒、焼酎、いずれか選べるとても嬉しいモーニングセットが味わえる。しかも2品ついて¥500だ!これは凄い!

 朝から飲める状況なのだ。これはまさに天国!価格破壊!

 ビバ西成!ビバ釜ヶ崎!

 レポートはまだまだ続きます。

 続きは次週!
暴動の中心地、『西成警察』をお伝え致します。


    乞うご期待を!




CASIO(カシオ) G-SHOCK G-600-1AJF

CASIO(カシオ) G-SHOCK G-6…

希望小売価格¥16,800→販売価格¥13,650

スポーティーなデザインで人気のコクピットシリーズ!極限の世界で勝負をするモータースポーツをフィーチャーしたモデ…

商品詳細ページへカートページへ





【SKINからのお知らせ】

初めてのスノーボード グッズやゲレンデ選び まとめ

ロバート秋山と皆川デザイン

メニュー